~NIGHT WALKER~

<過去ログでお茶を濁す!>

すかりご無沙汰気味のエルフさんだす。こんばんみ。

いやいやいや!会社のうんこみたいなイベントが忙しくて、すっかり鯰に行くタイミングを外しております!(泣)
まぁ、それでも週末はキッチリタチウオに行ってるんですがね...。(笑)

さてさて、そんなupが滞っているうんこブログではありますが、こうして楽しみに見に来てくれている方が居るというのは大変ありがたいことです。

鯰釣りに行ってないので更新出来ないのも申し訳ないのですが、ちょうど鯰道さんから、懐かしい記事の書き込みがあったので、繋と言ってなんですが、お盆も明けたということでこちらに再upします。
僕のもう一つのブログ~elff Style~に書いた記事です。


生暖かい目でご覧くださいませ...。










<嘘>







『嘘ついたら針千本飲ます』

『嘘つきは泥棒のはじまり』

『嘘ついたら閻魔様に舌を抜かれる』




等と皆さんも一度は言われた事が有ると思います。

自分も子供の頃から『嘘をついたらいけない事』と教えられて来ました。

ほとんどの方が『嘘』=『悪い事』と幼い頃から教育されて来たと思います。



しかし、反対に『嘘も方便』と言う言葉も有ります。

この複雑な人間関係が絡み合う現代社会において必ずしも『嘘をつかない』で生活する事は大変難しい事だと思います。

時には『嘘』をつく事によって人間関係が円滑にいく事も有ると思います。

『嘘』をつく事によって物事がスムーズに運ぶ事も有るかと思います。

これらは、まさに『嘘も方便』と言う事です。



<『方便』=目的を達する為の方法。

『嘘をつく事は悪い事とされているが、時には物事や人間関係を円滑に運ぶ為の手段である。』と言う事。>




悪事を働く為につく『嘘』

物事、人間関係がスムーズに行く様につく『嘘』



この様に『嘘』にも2種類有る様に思われます。

しかし、『嘘』をつく事は、内容はどう有れ『人を騙す(欺く)事』に変わりは有りません。

どんな小さな『嘘』でもどんな大きな『嘘』でも『嘘は嘘』なのです。

やはり『嘘をつく事』はいけない事なのでしょう。

時には『小さな嘘』でも取り返しのつかない事態に発展してしまう事も...。





実は僕には二つ下の『ひろゆき』と言う弟が居ました。

弟のひろゆきはいわゆる『お兄ちゃん子』とでも言うのでしょうか、いつも僕の後を金魚のフンの様に付いてまわってました。

学校が終わって僕が友達と遊びに行く時などは決まって付いて来てました。

決して、同級生の友達が居ない訳では無い様なのですが、ひろゆきはいつも僕の遊びに付いて来るのです。



『兄ちゃんと遊んでる方がクラスの奴らと遊そぶより楽しいんだもん!』



しかし、僕はそう言って付いて来る弟をいつしか『うざい』と思う様になって来ました。



そして、ある夏休みの日に事件は起こりました...。



当時、僕は小学四年生。ひろゆきは二年生でした。

今日は午後から近所の池に友達のノブちゃんと『ザリガニ釣り』にいく事になってました。

前日、ノブちゃんに



『じつは、ずっげ〜ザリガニの池を発見したんだ!誰にも言わないって約束するならお前には教えてやるよ。弟にもだからなっ!約束するなら明日連れってってやるよ!』



って誘われたのです。



『マジでっ!解った。誰にも弟にも言わないから明日行こうよっ!』



『よしっ!じゃあ、明日なっ!』



『うん!明日ねっ!』




次の日、僕がウキウキ気分で出かけようとしていると、



『兄ちゃん何処行くの?ザリガニ釣りでしょ?僕も一緒に行く!』



案の定、ひろゆきは一緒に付いて行きたがりました。



『今日は駄目っ!ノブちゃんと二人で行くからっ!』



『やだよっ!僕も連れてってよっ!』



『駄目だ!駄目だ!お前は来るな!』




僕が突き放すと、とうとうひろゆきは泣き出してしまいました。

弟を泣かせるとお母さんにものすごく怒られるので仕方なく僕は



『わかったよ!連れて行ってやるよ。』



と言うとひろゆきは、



『本当っ?わ〜いっ!』



さっき迄泣いていたのにもう泣き止んで大喜びしてました。

しかし、ノブちゃんから



『誰にも言わないって約束するならお前には教えてやるよ。弟にもだからなっ!』



と言われていたので僕は悩んだあげく、ひろゆきを『撒く』事にしたのです。



『じゃあさ、お前を連れて行くとノブちゃんに怒られるからお前は先に行ってろよ!偶然あっちで遇った事にしようぜ!』



『え〜、一人でいくの〜...?。やだな〜...。』




ひろゆきは渋りました。



『大丈夫だよ!兄ちゃんもすぐ行くから!嫌なら連れてかないぞ!』



と言うとひろゆきは渋々



『う、うん...。』



と、納得しました。



『場所は解ってるよな?丸池だからな!』



『えっ?丸池って危ないから入っちゃいけないんでしょ?先生が言ってたよ。』




当時、家からちょっと離れた場所に『丸池』と言う小さな池が有りました。

ちょっとした林の中にあってあまり人目にはつかない池で学校の先生からは

『危ないから近づかない様に!』

と言われてました。

ちなみにザリガニはいません。



『ばっかだな〜!そんなの言わなきゃ大丈夫だよ!あそこ超釣れるんだぜ!』



『本当?いっぱい釣れんの?解った!誰にも言わないよ!』



『母ちゃんにもだからな!』



『うん!じゃあ、先行ってるね。兄ちゃん早くきてね。』



『わかった!』




こうしてまんまとひろゆきを『撒く』事に成功した僕はノブちゃんと二人で『秘密の池』に行く事になりました。



その時は

『待ってても来なかったらすぐに帰って来るだろう』

『お菓子の一つでも買って行ってあげれば機嫌を直すだろう。』


と軽く思ってました。



『秘密の池』ではノブちゃんの言う通りものすごくザリガニが釣れました。

僕は夢中になってザリガニ釣りを楽しみました。

その時はひろゆきの事なんてすっかり忘れていました。



そして、さんざん遊んで泥だらけになって夕方家に帰るとお母さんから



『あらっ?ひろゆきはどうしたの?一緒じゃないの?』



と聞かれ、僕は初めてひろゆきを『丸池』に行かせた事を思い出しました。



『...うん。今日はノブちゃんと二人で遊んでたから知らないよ...。』



と僕は咄嗟に『嘘』をついてしまいました。

丸池にひろゆきを行かせたなんて、ましてや一人で行かせたなんてバレたらものすごく怒られるので『僕は知らない』『嘘』をついたのです。



しかし、夜になってもひろゆきは帰って来ません。

家中、大騒ぎになりました。

母は



『ウチのひろゆきがお邪魔してませんか?』



とひろゆきの友達の家に片っ端から電話をかけまくりました。

しかし、なんの手がかりも得られないので、とうとう警察に捜索願を出す事になりました。



どんどん事態が大きくなって行くので僕は怖くなって来てしまい、

『僕は知らない』

で通す事にしました。



次の日、事態は最悪の結果を迎えました。



ひろゆきが丸池で水死体で発見されたのです。

泳げなかったひろゆきは足を滑らせて池に落ちて溺れてしまったのです。



『学校では行く事を禁止されている池に一人でザリガニ釣りをしに行って池に落ちて溺れてしまった』



と、この一件は『事故』と言う事で処理されました。

家族は大変悲しみました。もちろん僕だって...。





僕のついた小さな『嘘』...。



あの時僕がひろゆきに『嘘』を付かなければひろゆきは死なずに済んだのです。

お母さんに聞かれた時に『僕は知らない』『嘘』を付かなければ、もしかしたら手遅れにならなかったかもしれなかったのです。

ひろゆきは死なずに済んだかもしれなかったのです。



きっと、ひろゆきはとても寂しかったと思います。

来るはずの無い僕をずっと一人で待ってたのですから...。

悔やんでも悔やみ切れません。

ごめんね...。ひろゆき....。





ひろゆきが死んでからもう20年以上経ちます...。

未だに両親はひろゆきの死は『事故』だと思ってます。

明日、ひろゆきの命日にお墓参りをした後、両親に事実を打ち明けるつもりです...。



この様に小さな『嘘』が取り返しのつかない事態に発展してしまう事も有るのです。

皆さんもくれぐれも『嘘』はなるべく付かない様にして下さい。

この様な事態にならない様に...。



えっ?この話しですか?









































































a0081536_1421317.jpg

[PR]



by zuunama | 2008-08-18 14:06 | その他

ナマズを求めて深夜の徘徊...。
by zuunama
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
<現在の記録>
74cm
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
~mail here~
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
~Link~

=NAMAZU=

=Fishing Friends=

=Shop=
=Maker=
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
Clicki Please!
↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログへ
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧