~NIGHT WALKER~

カテゴリ:釣行記( 137 )




<エルフvs多摩川>

先週の金曜日、鯰道さんからトッパーヘドンさんも御一緒で鯰道さんのホームでの釣行のお誘いのメールを頂きますた。

行く気満々のエルフさんの気持ちとは裏腹に、仕事がMAXで忙しい...
ちぎっては投げ、ちぎっては投げと、指示書を書きまくるも一向に終わらず。(泣)

こうなったら、アシスタントに総て押し付けて、自分はイソイソと鯰釣りに出かけるという駄目上司っぷりを発揮しようかとも思ったのですが、アシスタントの力量では週明け自分が地獄を見るのは明らか...

なので、泣く泣く鯰道さんには行けない旨を御伝えして、日付が変わるまでシコシコと残業だす...。


やっと会社から解放されたのが。0時半。


『あぁ、今頃楽しくやってるんだろうな~...』


等と、家路に付く車の中で考えていると、なんだかムラムラして来たので、早速家に帰って一発コイて支度をして、我がフィールドに向かいますた。

前回、鯰道さんトッパーヘドンさんを御招きするも、物の見事に玉砕!
エルフさんの顔に泥をてんこ盛りに塗ったくってくれた、自称『ハーレム』にリベンジに行く事に!

ポイント到着1時半。
早速バトル開始!


















無反応!(泣)



















おいおい!これぢゃ前回とまるっきし同じぢゃないか!(怒)



『今日もボウズです。』



嫌な言葉が脳裏をよぎる...

しかし、負けずに丹念に克つ慎重に攻め進んで行くエルフたん














.......。















なんかね、足場のゴロタ石がすっげ~滑るんですよ!
雨で、濡れているのか感じて濡れている減水して濡れているのか解りませんが、とにかく滑って歩きづらい...。
もう、パペットマンの様になりながら河原を移動します。
a0081536_1942171.gif




丹念に攻め続けていると、ジッターに絡み付く波が...


チョボッ!


待望のヒット!


居るではないか!(喜)
慎重に寄せてきましたまあまあサイズの『60cm』
a0081536_19433637.jpg


取りあえず、ボーズは間逃れた...

しかし、バイトが明らかにショボイ!
やっと食ったって感じでイマイチやる気が感じられないので、ジッターを『JTクリッカー』に変えて、食い気を誘う作戦に変更。

釣り進んで行くと、単発では有るがバイトが出せた。

沖から付いて来たであろうチョイ小振りな『45cm』
a0081536_1946623.jpg

多分音に引かれて付いて来たはいいが、イマイチ食い気が無くて躊躇していたのだろう...
ピックアップ寸前の速巻きにした瞬間バイトして来た。


そして、着水と同時にバイトして来た『55cm』
a0081536_1946402.jpg



無音でバイトして来た本日最大の『65cm』
a0081536_19471419.jpg

写真で見るとどう見ても60cmしか無いけど、計った時は確かに65cmあった!
縮んだんだな!多分...




さてさて、爆釣とまでは行かないまでも、取りあえずはリベンジ成功!

ポイントの最終地点まで来たので、

本日はこれにて終了!




















































えっ?
先週の前振りはどうしたって?













































第二ラウンド開始!(笑)




本日はですね、リベンジの他にもう一つ目的が有ったんですよ!
鯰道さんの記事を見ましてですね、かねてから一度はチャレンジしてみようかと思っていた、



『沈み系での鯰釣り!』



本来鯰釣りは、トップにおける水面を激しく割るバイトや捕食がヘタ故の数度にわたるルアーへのアタックが魅力の一つ。


クランクやらスピナベやらで釣れた鯰など釣れた内に入らん!


等と、頑にトップでの鯰釣りにこだわり続けてきたものの...








本当はチョコッと気になってたの~♪えへっ053.gif









って事で持ってきましたクランクベイト
忍ばせてきましたロングビルミノー


こいつで、トップに出ない鯰を根こそぎ釣ってやるのさっ!


等と、一人ニヤケながらも実釣開始!









.....









.....










.....










.....




















あで?
















イメージでは、いきなり『ゴンッ!』って来るはずなのに...
底をリップが叩いてる感触は有るので、ちゃんとボトムを攻められているハズなのですが...

しばし、打って行くも一向に反応が無い...











おかすぃ〜...











もう少し、水深の有る場所ぢゃなきゃ駄目か?

って事で、深場に移動する事に。
ココは水深が有るけど流れも結構なプチ激流

でも、トップぢゃないから関係ないわよね?って感じでキャスト!
きっと、この深場に溜まっているに違いない...









ガッ!









いきなりリトリーブが止められる!
やはり、狙いは当たった!












......











......










......


















根掛かりかよ...(ボソッ)
















チッ!


押しても引いても外れやしねぇ...


幸い、深みの手前のカケアガリ部分に引っかかったので、入水して救出に向かう。

水深膝よりチョイ下。

ジャバジャバと川へ入って行く。

それにしても、一人釣行で深夜の入水はたとえ浅くても不気味な事この上無し!
無事、ルアーの所までたどり着くと田植えの百姓の様な格好でルアーを外す。


















外れない...(泣)


















どうやら、布切れの様な物に引っかかっているらしい。
懸命に外そうとするも繊維にしっかり食い込んでいるようでなかなか外れない...って言うかバーブ潰すの忘れてた。(泣)



長時間の百姓スタイルに、腰のカラータイマーが点滅し始める。


『ぐぉぉおおおっ!そろそろ限界!』


お百姓さんはすごいな~!等と思いつつ一気に勝負を掛ける事に!








『ふぉおおおおおおおっ!』








北斗神拳奥義『天龍呼吸法』


















説明しようっ!


『天龍呼吸法』とは北斗神拳奥義の1つ。
常人は自らの力を30%までしか引き出せないが、北斗神拳伝承者はこれによって残りの70%を使うことができる。この技の真価は静から動へと転じるときに発揮され、その力を見た者は死あるのみだという。










『ぬぁああああああっ!』










ブチッ!









流石に北斗神拳奥義の前にはボロ切れ同然のようだ!っていうかボロ切れだったんだけど...



『取ったど~!』



しばし、勝利に酔いしれ腰を伸ばすかの様に天を仰いだ瞬間...









クラッ...









長時間百姓スタイルで居たので、一瞬立ち眩みが...

ヨロッと一歩足を踏み直した瞬間、底の石が崩れた!


『うぉっ!』


どうやら、カケアガリのエッジに足を付いてしまったようだ!




ドッボ~ンッ!




まるで、海女がアワビでも取りに行くかの如く頭からダイブ!
回転胴回し蹴りの様な体制でエルフさんダイブ!




『ガボ&%ガ&#ボ%%()ガボッ((&ガッ$'Iッッ!!!』



いきなりの事態にパニック警報発令!

しかも、激流場所故にものすごい勢いで体が流される!





『や、やばい!』





体の自由が効かずドンブラコドンブラコと桃の様に川を流されるエルフさん!

























死...




























頭を過る一文字...









『あぁ...こうして人は水難事故で死んで行くんだな...会社の机の中のエロDVDどうしよう...父ちゃん、母ちゃん、保険金でちょっとはいい暮らししなよ...それにしてもショボイ人生だったな...』







一瞬のうち様々な事が脳内スクリーンに映し出される...




飛び降り自殺の瞬間、人はそのわずか数秒の間にものすごい量の想いが走馬灯の様に脳裏を駆け巡るという...

って言うか。誰に聞いたんだよ!死んでんぢゃん!


なんて突っ込みながらも、そんな負のイメージとは裏腹になぜか脳内に流れるBGMは『崖の上のポニョ』






060.gifポ~ニョポ~ニョポニョ魚の子060.gif






曲に乗せて、エルフさんの体は流される...




『違うっ!俺は魚の子なんかじゃないっ!
千恵子(母ちゃんの名)の子だっ!』




これしきの川で死ぬ訳にはいかない!
俺は、カッパと遊んだ事があるんだぜ!
勝負だ多摩川!


と、必死に足を掻いて泳ぐも、マイシューズはゴツい登山靴。
まったくもって水が掻けないどころか、重くて浮かない...(泣)
















『し、死む...』
















必死にジタバタともがいていると、なんとか足の立つ浅瀬に流れ着いた!
浅瀬で立ち上がろうとするが、流れに足を取られて2転,3転とおむすびの様に浅瀬を転がってようやく止まった!




浅瀬で、ヘタリッと座り込んでしばし呆然。


『多摩川に汚されちゃった...』


その姿はまるで、レイプされた後のOLのそれ。




しかし、時間と共にみるみる湧いて来る助かった感に、


『ザマァ見ろ、多摩川!まだまだ保険金はやらん!』


と勝利の喜びに深夜の浅瀬で一人のたうちまわるその姿は、まさにキ○ガイ以外の何者でもない。


こうして、なんとか一命を取り留めたエルフさん。
全身ぐしょ濡れで、いきなり土手に上がって来たその姿に、原チャリを止めて携帯で話をしていたギャル男がかなりビックリしていますた。(笑)




ライフジャケットの着用も検討中のエルフさんであった...












<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-66M
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:津波ルアーズ/Super Swanky 8本撚り50lb
ルアー:アーボガスト/ジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
           JTジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
[PR]



by zuunama | 2008-10-14 20:39 | 釣行記

<最悪のタマナマcup>




ずびばぜん...(大泣)













のっけから謝罪で始まるうんこブログ


何が起こったかと申しますとですね、先日鯰道さんトッパーヘドンさんを招いてタマナマCUPを開催したんですよ!

もちろんガイド役は僕なんですが、開催場所はもう決まっていて、数日前の記事に『ハーレム発見!』とか書いたぢゃないですか。

いや、実際僕が下見した時にはバイトビシバシでまさにハーレムって感じだったんですよ。

もう、開催場所はココしか無い!と...

で、やっと皆さんの都合がつきまして、開催に至った訳です。


『う〜わっ!またヒットですか!鯰道さん!』

とか

『TPHさん釣り過ぎっすよ〜!(笑)』

とかそんなウキャキャウキャキャな絵図らを想像してたんですよ!

これはもう、今季最大の鯰CUPで、お二人には嫌って言う程、多摩川のポテンシャルを体感して頂こうと思っていたんですよ!

で、会場に着いて早速開催となった訳なんですが...





















見事に釣れない...(大泣)
















それどころか、バイトも無いの!(泣)













どういう事?

こんなに反応が無いなんて...
下見は2度ほど来たんですが、いずれもバイトは沢山有り、魚影の濃さが伺えたのですが、当日は

『どこ行っちゃたの?お魚さん...』

って位に無反応...


無駄に広いポイントを端から3人で打って行くのですが、全くもってのノ〜バイツ...(泣)


もうね、エルフさん焦りまくりですよ!
わざわざ、来て頂いたのに、ノ〜バイツ...

釣り上げられないまでも、バイトくらい有ってもいいのに...


もう、こうなったら、エルフさんの多摩川ポイント大公開!

って感じで、各1級ポイントを案内したんですけど、何処も彼処も無反応...







何故っ?(大泣)





ここ数日、めっきり寒くなったのが原因か...?




そんな感じで、タマナマCUP歩きまくりで終了しますた!(大泣)

鯰道さんトッパーヘドンさん誠に持って申し訳ございませんでした...


また、活性が上がった頃に御招待いたします。
(今年は、もう無いな...)


ちなみに、坊主さんは今回都合が付かず、不参加ですた...

よかった...

殺されてたな...多分...(泣)

a0081536_13283456.jpg

[PR]



by zuunama | 2008-10-06 13:28 | 釣行記

<多摩ナマcup開催地>

台風、直撃で20日朝は大雨で電車はほぼ前線ストップ。
土曜のくせに出勤な弊社は多分みんな来れないだろう...
学級閉鎖ならぬ、会社閉鎖になる恐れ有り。


ざまぁみろ!土曜日出勤なんかにしてっからだよ!


等と、前日の夜にほくそ笑んでいたのですが朝起きてあら?ビックリ!





晴れとるがな...(泣)





どうやら、意外と大した事が無かったご様子...。
ってな訳で、土曜日はシコシコと仕事をしておりますた。


さてさて、気になるのは次回『タマナマcup』開催予定地。
雨による、水位上昇及び濁流でポイントが潰されていないか心配です。
そうなったら、水が引くまでしばらくはお預けになってしまう...。

早速、様子見に行って参りますた。

ポイントに着くと、若干増水気味では有る物の、ほぼ大丈夫。
若干流れが出てしまってるかな?って程度なので取りあえずは無問題。

今日は、時間が有るからね!ガンガン行っちゃうよ!

って気合いを入れて、キャスト開始!




ぽこぽこぽこぽこぽこぽこぽこちん.....


....。


....。


....。




おいおい!反応無いよ!(汗)



雨で鯰流れちゃったか?そんな馬鹿な...
折角ナイス開催地を発見したのに、これでは皆様に申し訳ない...

でも、釣れない...



どうしよう.....(大泣)




何て、焦りながら釣り進んで行くと、ようやくバイトが出始めて来ますた!(喜)
なるほどね!大体、本日の居る場所が絞れて来ますた。
似た様なシチュエーションの所を絞って打って行くと、結構なバイト数。

しか〜し!


乗らないざんす...(泣)


そんな中、やっと乗ったのはまぁまぁの型かと思ったのになぜか『35cm』のお子ちゃまサイズ。
a0081536_13454457.jpg

流れに乗ったから大きく感じただけですた...(泣)

まぁ、これで坊主ぢゃないよね...

等と、自分を納得させつつキャストを続けると、着水バイト!
おぉ!これはなかなかのサイズでは?
ラインテンションに気をつけながら無事捕獲。

ナイスサイズの『60cm』
a0081536_13462457.jpg


こんなのが連発してくれるとうれしいね♪



その先で、さらにそこそこのサイズをフッキング。
流れに乗ってしまった中、寄せてくる途中で何かにあ〜ら不思議!
水没してる木の根っこに早変わり!(泣)

ここにも居たのか!忍者鯰!

『変わり身の術とは、おぬしなかなかやるのう...』

等と、ブツクサほざきながら、引っ張るも結構な食い込みで外れない...
しかし、こちらはPE50lb使用。
フックを伸ばしてでも回収してやろうと、鬼引っぱり!
なんとか回収成功!

次回の様に伸びフックで釣り続けるというミスはゴメンなので、伸びたフックを交換してキャスト再開。

しかし、次のバイトで新たなミスが発覚する事に!


流れ込みで、ファイト一発!バイト一発!


ドババババババッ!



『おいおい!これも結構いい型でないかい?』


って慎重に寄せてる所で、フックアウト!





ええええええぇぇぇ〜っ!で〜なん?



フックはチェック&交換済みなのはず...
急いで回収すると

『あらっ?ルアー小さくね?』

って、よく見ると





ぢゃ〜ん!
a0081536_1352631.jpg



ケツ持ってかれてるがな!(大泣)





さっきの強引な根掛かり回収時だ!
当然ジョイント部はヒートン交換&補強をしていたのですが、いかんせん50lbの引きには耐えられなかったようだ...

PEの場合、かなりの確率で根掛かりが回収出来るが、ジョイントは別。
またしても初歩的なミスを犯してしまった...


その後、乗らない(乗せられない)バイトとオートリリースの嵐。
このポイントは、比較的遠浅なので、足首くらいの水深ではねられると結構バレ易い。
がっちり食ってれば別なのだが...

後は、フッキングした瞬間に下流に走るやつが多いいんですよ。
バホッ!って出ても手元に伝わらないので、一瞬

『?』

ってなるんですけど、ジッターが見当たらなくてあわててフッキングって事も、バレの原因の一つではないかと思います。








言い訳か...(ボソッ)




ってなかんじで、

『出たっ!』

『乗らない!』

『乗った!』

『バレた!』



を繰り返しながら、最終の流れ込みへ...

吐き出し口に、流れて来るベイトを待ち構えている個体が絶対居るだろうと流れの中にキャスト!


バホッ!


やっぱり居た!(喜)

あんまりデカくない『45cm』
a0081536_13563665.jpg


本日これにて終了だす。




って感じで、タマナマcup開催地は今の所絶好調です!
当日、エルフさんはガイドに徹しますので、参加者の皆さんはガンガン投げてください。

あっ、ちなみに会場は大場所で『遠投超有利』ですので、飛距離の出るタックルがいいかと思われます。
流れの中、大型も混ざりますので、タックルパワーも検討してくださいね。
ちなみに、蚊はほとんど居ません。(ちょっとは刺されるかも...)






では。049.gif





<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-66M
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:津波ルアーズ/Super Swanky 8本撚り50lb
ルアー:アーボガスト/JTジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
             ジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
[PR]



by zuunama | 2008-09-22 14:06 | 釣行記

<ポイント大捜査網!>




台風前に行かねば!









という訳で、昨晩サクッと出撃!
昨晩だけにサクッと...うまいっ!


本日前半はピンスポットでポイントを絞って、速攻で鯰を瞬殺する計画です。
前半戦と書いたからには、当然後半戦も有る訳です。
その後半戦とは、前回玉砕した近所の小川...

今回は下流を調査してみようと思います。


さてさて、取りあえづは鯰を捕獲しなければならないので、最近行けば必ず反応のある(単発ですが)ポイントに向かいます。
ポイントは3カ所。

まずは1カ所目。

いつもの如く流すも、あ〜ら不思議!
全く反応無いぢゃない!(泣)
自然相手に必ずってのはないね〜。

沖目の流れ込みをしつこく攻めると、10数投目にようやくヒット!

これで、ボンズは間逃れたわ!
瞬殺!45cm
a0081536_2033460.jpg


時間がないので、速攻移動!


2カ所目。


いきなり1級ポイントを攻めるも不思議と無反応...。
今宵、鯰の反応がよろしくありません。



あたい、時間がないのよっ!



焦って回収して、設置してあるヘラ台にジャストフッキング!

ぬうぉぉぉぉぉっ!外れんっ!

ヘラ台までは、入水しなければたどり着けない...
鬼引っぱりしてもフックは深く刺さるのみ...

しょうがないので、プチ入水しますた...(泣)



クソッ!移動移動!


3カ所目。

ここも、ピンで狙うと、

んぱっ!

って小さいバイト!
しかし、そんな小さなバイトで乗るはずも無く、その後沈黙...


よっしゃ!よっしゃ!


とりあえず、1匹釣ったから後半戦に行こうかね。



一路、某小川へ大移動!


さてさて、既に会社で仕事中に『Googl Earth』で地形は確認済み。
便利な世の中だよね〜...知ってる?『Googl Earth』


シチュエーション的には鯰道さんのホームにくりそつ。
早速、打って行くも、見事に無反応。

川沿いを移動を繰り返しつつ、気づけば


『どこよ?ここ...』


って所まで来ちゃったんですが、水量、シチュエーション共になかなかの場所に到着。
ここに居なければ

『この川終わったな...』

って感じの所なので気合いを入れてきゃスト開始!



.....。



.....。



.....。













この川終わったな...(泣)









もう帰ろうかな...うんちもしたいし...(泣)
などと考えながら、来た道を引き返すのですが、自分的にかなり不完全燃焼。



あっ!そうだ!タマナマCUPの場所探さなくちゃ!


鯰道さんトッパーヘドンさんと各フィールドで楽しませて頂いたので、次は我がフィールドにご招待せねば!
今日、回ったポイントの様に単発バイトでは話にならない...

って事で、小雨も降って来たけど、多摩川に向かう事に。


いっその事、大きく場所を変えてみようと、下流域に向かいます。

まずは、ナビで大体の地形を絞りながら移動して、着いたら車を降りて肉眼で観察。
なかなか、良さげな場所が無く、そんな事を5,6回繰り返して、ようやく良さげなポイントをハケ〜ン!

川岸まで、ちょっとある...
しかも、腰以上に伸びたジャングルに入って行かねばならない...


しかし、その先にはハーレムが待っているかもしれないので、構わずジャングルにダイブ!

『もうグショグショ♡』

て位に、ズボンがグショ濡れ...


で、ようやく川岸にたどり着くと、ナイスシチュエーション♪
早速、キャスト開始!


ポコポコポコポコポコグォボッ!



うぉ!1発目でヒット!

捕獲したのは、なんだか短小な45cm
a0081536_20154593.jpg



続けてキャストすると!2,3投に1回はバイト!


スゲ〜っ!
ついにハーレムハケ〜ン!



しかし、何発かフッキングするも、手前が激浅でバラシ連発!(泣)


『何故?何故ここまでバラす...?』


その後、反応は有るものの、雨脚が強くなって来たので泣く泣く終了!
このポイントの半分も攻めれなんだ...
後ろ髪を引かれる思いで、車に戻る。

『それにしても、バラシ過ぎだよな...(泣)』

等と、思いながらタックルを車に積んでて気が付いたのですが、
あまりの高反応に興奮して初歩的な事をすっかり忘れていた...



フック伸びとるがな...(大泣)



クソッ!前半のヘラ台にフッキングした時だ...
フックはマメにチェックしいと駄目駄目です!


それにしても、ここのポイント早い時間に来て、丁寧に探れたら、結構釣れたであろう...


鯰道さん! トッパーヘドンさん!見っけましたぜ!開催場所!


ここなら、広いから順番に攻めなくても行けそうですぜ!
鯰も、広範囲に散らばってるみたいだから。




でもね、気になる事が有るんですよ...












台風来てるし...(大泣)











雨の量によってはポイントがつぶれる可能性大。
とりあえず、台風後にまた様子を見に行ってきます!
行けそうでしたら、ココで開催しようと思います。





乞うご期待!







<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-66M
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:津波ルアーズ/Super Swanky 8本撚り50lb
ルアー:アーボガスト/JTジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
[PR]



by zuunama | 2008-09-19 20:17 | 釣行記

<昨晩の結果+おまけ>

先日、久々に某プロショップのおいさんと鯰釣行。

とても、久々なのでおいさんはとても久々なので、本日エルフさんはガイド役に。

まずは、最近の実績ポイントへ...
って言っても、日に日に減水して来るたびに変わるポイントは、おととい釣れても今日釣れなくなっている可能性大!

とりあえづ、打ってもらうもノ~バイツ...

僕は少し離れた場所で沖めの流れ出しを攻めると、バイト!
釣ってしまった...40cm
a0081536_17185842.jpg

ま、まぁ、まだ始まったばかりだしね。釣れるよきっと!うん。


しかし、その思いに反してその後、反応無し...

次のポイントに御案内!


さてさて、このポイントで、必ず出るであろう場所にキャストしてもらう。
数キャスト目に流れ出しでバイト!
しかし、フッキングならず...
その後、2,3発バイトが出るもフッキングならず...


次に、大きくポイントを移動して、今シーズン一番通った場所に移動!
先日70を釣った場所だ!

その頃に比べると、大分水も減ってて、沖目に程よい浅瀬も出来ていていい感じです。若干流れが速いけど...
二手に分かれてキャストしまくるも、全く反応が無い...
このポイントで、ここまで反応の無いのは始めてだ。

その後、散々パラ攻めるも、まるで反応無し...

どうすっか...?

そうだ!前から気になっていた近所の川に調査に行こう!
って事で、一路近所の某川へ...

先日のTPHさんと鯰道さんのフィールドをやらを見ていると、きっと居ると思うのですが...


その前に、今時期の僕のシークレットポイントに寄り道してから行きますた。

『なぜ、ここに?』

って場所で出たでしょ?
(しかし、フッキングならず...)


さてさて、早々に某川に到着して橋の上から見ると、そこそこ水があってイイ感じ...
ここは、コイがいっぱい居るから絶対に居るに違いない!
フィールドの感じは、鯰道さんのホームにかなり近い感じです。(明るさはかなり有りますが...)

早速、キャスト開始!
いきなり釣っちゃうぜ!



ぽこぽこぽこぽこぽこ.....



無反応...







あで?






散々、投げ倒すも全く生命反応ゼロ...強いて言えば、コイ位か...



時間も時間だったので、500M位の範囲しか探りませんでしたが、居なさそう...(泣)

近々、もう一度調査に行ってきます!






<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-66M
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:津波ルアーズ/Super Swanky 8本撚り50lb
ルアー:アーボガスト/ジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)










<おまけ>




先日のブログで、

『ちょっと怖い事がありますた!』

とか、書いたぢゃないですか。

『早くUPしろよ!クズ!』

とかの声も聞こえて来ているので、UPします。
いや、言っときますけど、別に全然怖くも何ともないですからね!

後で、

『なんだよ、全然怖い話ぢゃね~ぢゃね~かよ!ボケッ!』

とか言わないでくださいね!傷付くから...(泣)




いやね、先日ポイントを探しに比較的暗めの場所の土手をテクテク歩いてたんですよ。
ようやく風も涼しくなって来て、季節はもう秋って感じです。
近くには公園が有りましてね、僕はその近くに車を止めていますた。

歩いてて、風が気持ちよかったので、マジンガーZの歌を歌いながら車に向かっていますた。
風が気持ちよくってなんでマジンガーZか?って事を突っ込んで来る輩も居るかとは思いますが、とりあえずスッコんでろ!と言いたい。

イイ気分で歩いていると、前方に人影が...


散歩?ランニング?


この時期、意外と夜中でも土手を走っている人たちが居るので、特別『?』な事ではないのですがその時は何か違っていますた。


子供...?



そう、その近づいてくるシルエットは明らかに小さい...
近づくに従って、だんだんそのシルエットがはっきりしてきますた。

見た感じ小学3~4年生くらいの女の子みたいです。


『なんで、こんな時間のこんな場所に小学生の、しかも女の子が...?』


って不思議に思ったのは、この場所は比較的暗くて、ランニングの人って言ってもそうそうすれ違うほどの人通りは無いんです。
言ってみれば、この辺りには僕と、この謎の少女だけ...

この時点で、ちょっと怖いぢゃないですか。
この少女が、この世の人間ぢゃなかったら怖いではないですか。

『お嬢ちゃん。何してるの?』

とか声かけたら、いきなり


『ヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!』


とか笑い出したら、もうオシッコちびりまくるぢゃないですか!
『ちびりまるこちゃん』ってイメクラが昔新宿に有りますた。

なので、ちょっと距離を取ってスルーしたんですよ。
また、その子がなんかこう、やつれた顔をしててこれまたエルフさんの恐怖心を煽るんです...。

『後ろから襲ってこねぇよな...?』

などと考えながら、後ろを振り返り振り返り、歩いていたのですが、その子はそのまま暗闇の方へ消えて行きますた...。


『あの子、何なんだろう...?』

と考えながら、ようやく車を止めてある公園に差し掛かった時です。


歳の頃なら40~45位の男の人が僕に近づいて来て、

『この辺で、小さな女の子を見かけませんでしたか?』

って、聞いて来たんです。

どうやら、逸れてしまったらしいのです。

『あぁ、それなら...』

僕は言いかけた時に、ある都市伝説を思い出しますた。




<<あるカップルが夜遅くに山道でドライブを楽しんでいた。
と、突然道路の脇から幼稚園児くらいの女の子が飛び出してきた。

少女は何事かを大声で叫びながら両手を大きくあげ、彼らの車をとめようと
している。

ところが、運転していた男性は、突然のことに気が動転し、大きくハンドルを切
ると少女の脇をすり抜けそのまま走り去ってしまった・・・

しばらく走り落ち着くと、二人は先ほどの少女について話し始めた。
こんな真夜中に、あんなに小さな子が一人でいるのは絶対におかしい。
もしかしたら迷子になって困っていたのでは?そんなことを話している
と、前方から若い男性が走ってきた。
男は彼らの車に気付くと、とまって欲しいとジェスチャーしてみせた。

二人は今度は素直に従い、道の脇に車を寄せてとめた。男は車に駆け寄
ると、『この辺で私の娘を見ませんでしたか!?』と、たずねてきた。
なんでも山道を歩いてくる途中、娘とはぐれてしまい必死で探しているそうだ。

するとさっきの子供は、父親とはぐれて困っていたのか。
そう納得した二人は、先ほどの少女のことを父親に伝えた。

置き去りにしてきた罪悪感から、『そこまで乗せていきましょうか?』と申し出
たが、『そこまでしていただかなくて結構です、ありがとうございました』と、少女
のいた方角へと走り去ってしまった・・・

それからしばらくたったある日、二人が何気なくニュースを見ていると、最近おこっ
た幼女誘拐殺人事件の犯人がつかまった、という報道をやっていた。

次の瞬間、画面に映し出された犯人の写真を見て二人は言葉を失う・・・


そう、あの日あった親子は親子なんかではなく、恐ろしい殺人犯と、その魔の
手から逃れようと必死で助けを求めてきた幼い少女だったのだ・・・>>




って言うのなんですけどね、もし本当に親子か何かで逸れてしまっていたら大変ぢゃないですか。
女の子が川とかに落ちて事故に有ってしまったら大変ではないですか。
所詮、上に書いたのは都市伝説にすぎませんからね。
なので、

『この先で見ましたよ。あっちの方に歩いて行きますたよ。』

って教えてあげたんです。
そうしたら、

『ありがとうございます!』

って言って、その男の人は少女が歩いて行った暗闇の方に走って行きますた。














以上です...。

ねっ!

『別に!』

って感じでしょ?










ただね、一つ引っかかる事が有りましてですね。
その男の人、まだ9月頭の寒くない時期なのに、






































両手に手袋してました.....
[PR]



by zuunama | 2008-09-17 17:36 | 釣行記

<彩ナマカップ(?)決行!>

すっかり更新が遅くなってしまいますた。
しかし、仕事が激忙なので今日は簡単にサクッと更新。

先日、リンク先の鯰道さんトッパーヘドンさんと彩ナマカップ(?)を開催しますた。
エルフさんは、うんこみたいな仕事のおかげでかなり遅れて合流。
御待たせしてスミマセンですた...

今回のホストはトッパーヘドンさんです♪
トッパーヘドンさんのフィールドでの釣行だったのですが、もうびっくりです!


こ、こんな過酷なポイントで釣りしてるんですか...


基本的には、市街地に流れる小規模河川(小川)なのですが、足場は高いわ、ジャングルだわ、真っ暗だわで超おっかねぇっす!(泣)

おまけに、蚊がすごくて...(泣)
10数カ所刺される始末...(大泣)

鯰道さん

『防虫スプレー使います?』

って言ってくれたんだけど、最初は

『いや、大丈夫です!』

とか言って断ったんですよ。


そうしたら、もうすごいぢゃない?
泣く泣く、

『か、貸してください...』


って借りちゃいますたよ!
はぢめっから借りとけボケ!って感じです...(泣)


それでもですね、スプレーがかかって無い所をピンポイントで狙って来やがるんですよ!
指とか超刺されますたからね!どんな蚊だよ!


で、肝心のナマ様ですが、
釣れますた!
アベレージは多摩川に比べるとチョイ小さめですが、かなりアグレッシブルにルアーにアタックしてきます!
a0081536_20165836.jpg

a0081536_2017641.jpg
a0081536_20172747.jpg

足場が高く、川幅が狭いので、キャストにはちょっとしたコツが必要です!
ジッター2ヶロストしたしな...(大泣)
う〜ん...こういうシチュエーションの釣りは結構勉強になります!


『えっ?こんな浅いのに居るの?』

って感じの場所からバイトが有りますからね。
エルフさんの地元にもこんな感じの川が有りまして、

『居ねぇだろ?』

ってスルーしてた場所が有るんですけど、ここに居るなら絶対居るな...うん。
今度開拓してみます。


数カ所のポイントを回りまして、3時くらいに解散いたしますた。
トッパーヘドンさんガイドありがとうございますた!

その後、鯰道さん鯰道さんの地元で打つもノーフィッシュ...。
鯰道さん1バイト2バイトのみですた。


かなり楽しい一日ですた♪
お二人とも、ありがとうございますた!
今度は、是非我がフィールドへお越し下さい!
マイポイントを御案内いたします!




<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-66M
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:津波ルアーズ/Super Swanky 8本撚り50lb
ルアー:アーボガスト/ジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
[PR]



by zuunama | 2008-09-16 20:22 | 釣行記

<見えてきた昨晩>

『CORE RHYTHMS』をやって腰砕けのエルフたんです。うぃっしゅ!




先日、会社の女の子から借りた『CORE RHYTHMS』のDVD(3本セット)。
早速、家で実践するも、これがかなりキツイ!
っていうか、DVDの中のサイボーグみたいなインストのおねいさんの様にうまく動けない...(泣)



『痩せたいなら、腰をふりましょ♡』



ってTVで杉本なんたらって全身クリ○リスみたいなおねいさんが言っておりますが、どうもね、エルフさんの動きが、




立ちマンしてる様にしか見えないんですよ!(大泣)




DVDの中のインストのおねいさんはもっとこう、滑らかに動くんですけどね、僕の場合は




カクカクカクとしか動かないんですよ!(泣)




ま、まあ、はぢめてですからね...いずれ馴れてくれば...



と、まぁ、家でシコッと腰を振ってから、行ってきますた!今夜も鯰と遊びに♪


一昨日に比べていくらか水が少なくなった感じです。
早速、いつものポイントで始めて見るも、全くの沈黙...。
反応も全く無しです。(泣)


おととい捕獲したポイントへ移動!
キャスト数投めにやっと反応有り!

って行っても、かなり小さめのやつがフックを引っ張ったのみ。
いわゆる『音無バイト』ってヤツ。
もちろんフッキング出来ず...

さらに、その先でもバイトが有る物の、

クンッ、クンッ、クククク...

ってこれもベビーサイズがフックの先っちょを引っ張っている感じのアタリ。
まるで、小魚を釣ってる様。

沖の流れ込みにドリフト気味に流したジッターにヒット!
ようやくフッキング!

そんなに大きくない45cm
a0081536_20221377.jpg

その後、若干移動して激シャローで2本
50cm53cm
a0081536_20224920.jpg

a0081536_20223813.jpg


う〜ん...サイズがイマイチ...

でもね、でもですね、これでようやく狙うべき場所が絞れました!

どれも、同じ様なポイントで捕獲です。
普段狙う様な場所は今時期沈黙してるようです。

ヒントは、


『鯰のお腹』


確か、去年だか一昨年も同じ様な事言っていた様な...


後半は、的を絞って攻めてみます。


若干移動して同じ様な条件のポイントを打つと、一発でバイト有り!
しかし、乗らず...(泣)

どこも、アタックしてくる個体が小さいようです。

もっと、こう、


ズドンッ!


ってバイトが欲しいね〜...


その後、数発の小さいバイトは有るものの、うまく乗せられず...(泣)


大きくポイントを移動して、同条件のちょい水深の有る場所を攻めると、1投目にバイト!

おおっ!結構引くぜ...

上がってきたのは、引きの割にはそんなんでもない50cm
a0081536_20294887.jpg


う〜ん...サイズが伸びん...

その後、その先で1本53cmを捕獲。
a0081536_20254498.jpg


で、疲れたので本日はこれにて終了!
居場所が解ったので、次回からはポイントを絞って狙えます!

ちょいちょい、通わないとこういう事は解らないよね。



<今日の格言>

100のウンチクより1匹の鯰




<タックル>

ロッド:スミス/鯰人 NAZ-66M

リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG

ライン:津波ルアーズ/Super Swanky 8本撚り50lb

ルアー:アーボガスト/JTジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)

           ジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
[PR]



by zuunama | 2008-09-12 20:31 | 釣行記

<久々鯰釣行!>

皆さんお元気ですか?
僕はほんのチョッピリ元気です。



昨晩行って参りますた!
ついに行って参りますた!


最近すっかりご無沙汰で、いや、釣りはガンガン行ってるんですよ。
主に海なんですが...
(タチウオとかイナダとか、マゴチとかシイラとか...etc.)


でもね、鯰ブログやってるぢゃないですか。
『ナマズを求めて深夜の徘徊...。』
とかうたってるではないですか。

なのに、最近すっかりブログの更新もご無沙汰で、死臭すら漂ってね?エルフ死んだんぢゃね?って声もモリモリ聞こえてきますよ。いや、全然聞こえてこないですけど、とにかくこれぢゃいけない!って思った訳ですよ!


久々の多摩川は、濁流で迎えてくれますた...(泣)

最近ゲリラ的に大雨が降ったりしてましたからね。
増水はそんなでもないんですが、流れが速くてですね、

『こりゃ、釣れんよ...』

って感じです。(泣)


普通でしたら、ここでスゴスゴと負け犬のように帰るんですが、今日は違います!
折角、久々に来て速攻で帰る訳には行きません!

で、いつものポイントに向かったのですが、流れが速くて釣りにならず...(泣)

しばし、流れの緩やかな場所を探して、移動です。


しばらく来ないうちに、手持ちのポイントもその様相を変えてしまって、全く使い物にならず...(泣)

こうなったら、新規開拓のつもりで鯰を探すしか有りません。

数カ所流れの緩やかな場所を打ったのですが、反応有らず...

おいおい!久々に来て坊主かい?(泣)

こんな時、いつも思うのですが、

『鯰の居ない所で投げてるのか?』

『居るのに食い気が全くないのか?』



前者だったらただのおバカさんになってしまいます。
後者だったら、何が何でも釣ってやろうって気になるのですが...

とにかく1匹釣れればおおよそどんな感じかわかるので、根気よく投げ倒します。


すると、激浅瀬でいきなりのバイト!

しかし、フッキング出来ず...(泣)


でも、これで居る事はわかったので、後はいかにして食わせるかだけです。


同じポイントを数カ所角度を変えてキャスト。
2投目にバイト!

今度は逃がさないぜ!って感じで慎重にやり取りして、無事捕獲!
全然デカくない祖チンサイズの40cm
a0081536_11452978.jpg


でも、これで選んだポイントに鯰は居るという事が判明。

ここで、
<エルフたんのワンポイントアドバイス!>
同じポイントでも、角度を変えてルアーを通すと反応のある事が多々有ります。
きっと水流の抵抗などで同じルアーでも違った波動を出すのでしょう。
一、二度通して反応が無いからあきらめるのではなく、角度を変えて数回通す事をオススメします。


はい、みんなメモりますたか?


さてさて、その先の本流の流れが切れる小岬の先端でバイト!
こいつは小さそうだけどかなりアグレッシブ!
何度も何度もジッターにアタックする様子はまさに鯰釣りの醍醐味!

5アタックめにようやくフッキング!
しかし無事捕獲したのは、これも祖チン鯰の40cm
a0081536_11473963.jpg



う~ん...微妙ですな...


その後、数ポイントで数回バイトが有る者の、まるでティムポをなめるジッターをなめる様なしょぼいバイトでフッキングまで持ち込めず...

しょうがないので最後の1ポイントで帰る事に。


最後のポイントに着くと、



激流(泣)



終わったな...


しかし、激流の端のほんの小さな澱みをピンポイントで狙って行くと、いきなり

ドンッ!

というバイトがっ!



ドババババババッ!



うぉっ!こいつはナイスサイズだ!


慎重にやり取りして一気に抜き上げ!

ヤ~ッ!


デロン!


でけ~!



ジャスト70cmの巨マラ鯰!
a0081536_1150449.jpg


最後の最後に大物を捕獲したので本日満足で終了!




あっ、そうそう!
ちょっと怖い(?)体験をしたので後ほど御報告いたします!



<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-66M
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:津波ルアーズ/Super Swanky 8本撚り50lb
ルアー:アーボガスト/JTジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
           ジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
[PR]



by zuunama | 2008-09-09 15:11 | 釣行記

<PEナマズデビュー(ポッ♡)>

昨日は、夕立(ほとんど夜?)凄かったですね!
でも、9時位には止んだのでチョコッとだけ様子見に言って来ますた。
結構な量の雨でしたが、一日降り続いていたのではないので、水位に影響はないでしょう。
むしろ急な雨で活性が上がってたらラッキー!

今日は、PEラインでのナマズデビュー(遅っ!)

前回のタマナマカップでPEの重要性を思い知らされたぼくちん。
別にPEラインを使い慣れてない訳ではないのですが、(ソルトではほとんどPEだし...)どうも、ナマズ釣りにPE使用は...ってのが有ったんです。

どうしても、PEのデメリットである『根ズレ』『糸絡み(バックラ等)』『汚れを拾う』等のデメリットが頭の中にありまして敬遠しがちだったのですが、思い切って導入してみますた。


某トップ系のショップに行きますて色々見て来たのですが、値段は若干張るものの、しなやかという点で津波ルアーズの『Super Swanky』の8本撚り/50lbにしますた。
a0081536_18334488.jpg


ウキウキで多摩川に出発!
本日のBGMは『中森明菜ベスト』
会社の女子(27才ちょいカワ)が持っていたので、懐かしいからかりますた。
大ボリュームで『DESIRE』かけながらポイントに到着!

頭振りすぎて首超痛い...(泣)










♪な〜んてねっ♪










コホン...

ポイントに着くと、増水どころか結構減水。
いつも、靴がびしょびしょになる中洲に余裕で渡れる。
今日はチョイ良いかも...

早速キャスト開始!

シュイ〜ン!

PE独特のキャスト音。
ちょっとしたDCみたいで心地いい♪

あら?投げやすいぢゃないのさっ!
わかってた事ですが、ラインが細い分スムーズにラインが放出されて、ナイロンより時距離が出ます。
なので、バックラッシュもほとんど無しです♪

クソッ!もっと早くPEにしておくべきだった...

それにしても、他のアングラーの方と一緒に釣りするのも悪くは無いですね。
勉強になる事とか、新しい発見とかが有ってイイです。

自分の中で、

ナマズ=単独釣行

ってのが当たり前でしたが、少し考えが変わりますた。


さてさて、PEは調子イイのですが、ナマズは調子悪そうです。
バイトがない中、ライトで水中を照らして見ると居たりなんかします...(泣)

どうやら、あまり食い気が無い様なので、ポイント移動!
中洲に渡ります。

この時期、鮎やらハヤやらを狙っている個体が多いので、流れの中をせめて見ます。
すると、バイトは単発であるものの、『パシャッ』って感じでイマイチフッキング迄持ち込めません。

流れの脇の瀬で、ジッターに戯れる個体が...

『パシャッ』

『チョポッ』

『パシャッ』


とショボイバイトながら結構追い食いを繰り返す。
これは食うんぢゃね?って思ったので慎重にアピールして行くと、ようやくフッキング!

やはり小物であった...
45cm
a0081536_18345245.jpg


その後、沖の浅瀬で一発フッキング!

おっ?結構良い型かも♪

こっちに向かって猛突進!
ラインがたるまない様に巻きながら足下迄来たので一気に抜き上げ!

うぉりゃ!   ポロッ

落っことしてしまった...(泣)

デカかった...1m位あったな!多分...


気を取り直して、その先の激浅の流れ出しを流していると、いきなり

『ドパンッ!』

とバイト!


コイツは結構デカイ!
ポロリをしない様に慎重に寄せて無事捕獲!
サイズこそは60cmとそんなに無いものの、メタボで頭が超デカイ!!
a0081536_1831377.jpg

マゴチかと思ったよ!
a0081536_18323293.jpg

さぁ!一気にヒートアップで行こうかと思った所で、





雨...(泣)





しかも、結構激しく降って来た。
中洲に居て激しい雨とか結構おっかないので、今晩はこれにて終了!


いや〜、それにしてもPEイイね!(遅っ!)



<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-66M
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:津波ルアーズ/Super Swanky 8本撚り50lb
ルアー:アーボガスト/JTジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
[PR]



by zuunama | 2008-07-30 18:36 | 釣行記

< オールスター タマナマカップ 2008開催!!>

昨晩、リンク先の鯰道さんよりお誘いが有りまして、初の顔合わせの釣行に行って参りますた!

今回リンクさせて頂いた、鯰の気持ち vol. 2のトッパーヘドンさんと坊主の疑似餌魚類狩猟記の坊主さんも御同行という事で超楽しみです!

道中、何故か超緊張!
手土産に鳩サブレーでも買って行こうかな?とか良く解らん事ばかり考えながら待ち合わせ場所に向かいます。

トッパーヘドンさんも坊主さんも、今回の顔合わせでリンクをさせて頂いたのですが、以前何度かコメントで絡んだ事が有ったので、お互いの存在(?)は知っている仲です♪


さてさて、待ち合わせ場所に到着して、暫くすると、暗闇から3人が歩いて来ました。

『こんばんは〜♪』

ココでですね、僕は3人とも初顔合わせなんですが、誰がどのブログの方かすぐ解ったんですよ。

まず、先頭を歩いていたので、この方が鯰道さんだな〜と言うのはすぐ解りました。

次に、どちらがトッパーヘドンさんで、どちらが坊主さんかって訳なんですけども、エルフさん的坊主さん像がですね、実物とあまりにも差がなかったのですぐにどちらの方がどちらってのが解ったんですよ!

その誤差と言ったらですね、アントニオ猪木とアントキの猪木位そっくりでしたからね!ほとんど誤差無しに自分でもビックリですよ!(笑)


早速、鯰道さんの案内でポイントに向かいます。

しかし、何だか妙に緊張するぢゃないですか!
僕はそんなに人見知りする方ではないのですが、普段ティムポだウ○コだ書いてるブログ見てる方との対面ですからね!
緊張するやらコッパずかしいやらで、なんだか素の自分を全く出せませんでしたよ!(泣)


ポイントに、到着で早速開始なんですけど、ココのポイントは足場が高くて、手前2,3M位は草ボウボウなんですね。
川幅は狭いので、どっちかと言うと水路に近い感じの場所なんです。
僕は、普段大河川でやっているので、こういった足場の高い水路的な場所でやるのは初めてです。
注意点としては、キャスト時に対岸のブッシュに引っ掛けない事と、(軽く届いてしまうので)、ピックアップ時に手前のブッシュに引っ掛けない事です。
それなりにテクニックを要する釣りです。
なにより、僕が疑問だったのは、

『魚かかったら、どうやって上げるんだ...?』

って事です。
まあ、その辺はやって行くうちに後で解る事なんですが、ココで僕は『PEの重要性』を思い知りますた。

鯰釣りにPEを使用している方が結構多いのは知ってましたが、僕はどうもイマイチ印象が良く無くてずっとナイロン1本だったんですよ。
僕のフィールドみたいな比較的大きな河川でロングキャストしての釣りではあまりブッシュに絡む事は少ないので、ナイロンで十分事足りるのですが、今回の様なフィールドではPEの使用は必須です。


いきなり、浅瀬のゴミ(ボロ布)の様な物に根がかるエルフさん...(泣)
これはまさに回収不可能!さよなら僕のジッターバグ...

半ば諦め気味にラインを切る事を決意した時でした。
鯰道さんが、フックを絡めて回収してくれますた!(喜)
すげ〜ぜ!PE!
抱かれてもイイぜ!鯰道さん!!(笑)


そんな中、トッパーヘドンさんが何かと闘っている!
ラインを持って引き上げたのは(さすがPE)なんと、くぉい!
a0081536_15593455.jpg

すげーぜ!トッパーヘドンさん!いつの間に自作コ式に変えてくぉいを釣獲!
65cmのナイスワン!
これは、PEぢゃなと抜けないぜ!
a0081536_1601539.jpg



俺と来たらまたまた対岸のブッシュに引っかかり回収不能状態に!(泣)
何をやってるんだ!俺!

どうやら頑丈なブッシュの様で切れやしねぇ...
これがPEだったら一気に回収出来るのだろう。
泣く泣く、引っ張って案の定ラインブレイク!ルアー1ヶロスト...(大泣)




その後、ようやく待望の鯰ゲット!
いや、僕ぢゃないんですよ。(泣)

トッパーヘドンさん本日最大の58cm!
a0081536_163552.jpg

坊主さんが下のブッシュ迄降りてくれて無事捕獲!
すげ〜ワイルドだぜ坊主さん!!

エルフさんはと言うとですね、またまた下のブッシュに絡んでラインブレイク!
下に降りた坊主さんについでに回収してもらうという状況で、僕が親だったら間違いなく

『他所で恥かかすんぢゃ無いよ!クズッ!』


って往復ビンタものなんですが、無事ルアーは帰還はしたものの、もう情けないったらありゃしない!(泣)
人様のポイント迄来て来て何をやってるんだか...

これじゃぁ、すっかり近所のお騒がせおじさんぢゃないか〜!(泣)

ホント、穴が有ったらいじりたい入りたい位の気分ですよ!(大泣)



坊主さんはさすが元、生業にしていただけ有ってビシバシアタリを出してます!
後半はフック付いてませんでしたからね!(笑)
かなり楽しい人です!(笑)

それにしても、この様な条件のフィールドで結果を出して来ている鯰道さんは凄い!
なんか、自分の釣りが緩く感じて来た...(泣)

その後、釣りよりもエロ話がメインになって本日終了!
結構、って言うかかなり皆さんベースケなのね...(笑)

暗闇で皆のタックルの撮影会を開催!
a0081536_1633650.jpg

端から見たら、即通報な状況ですた!(笑)

いやいやいや、しかし皆さんとても良い方達で楽しかったです!
自分は、鯰釣りは単独がほとんど(むしろ複数釣行は嫌い)なんですが、こんな方達とだったら是非是非ちょいちょい御一緒したいです!

第2回『彩の国カップ』楽しみにしています!
その時は、バッチリPEタックルで挑みますので宜しく御願いします!



<番外編>

結局この日、ボウズだったので、っていうかまともなバイトすら無かったので、悔しくて帰り道、ホームに戻ってチョコッとやってみる事に。
数投目に待望のバイト!
大暴れで、上がって来たのは、デブデブの60cm
a0081536_164439.jpg

やはり勝手が分かるホームは良い!

とりあえず、これで自分的なメンツは保てた...。
時刻は既に3時半。

これで、今夜はゆっくり眠れそう...zzz




<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-66M
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:"BAWO"スーパーハードポリアミドプラス 25lb.
ルアー:アーボガスト/JTジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン)
[PR]



by zuunama | 2008-07-25 16:06 | 釣行記

ナマズを求めて深夜の徘徊...。
by zuunama
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
<現在の記録>
74cm
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
~mail here~
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
~Link~

=NAMAZU=

=Fishing Friends=

=Shop=
=Maker=
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
Clicki Please!
↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログへ
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧