~NIGHT WALKER~

<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧




<昨晩の結果>

X JAPANの復活ライブ見に行った方いますか?



東京ドームで行われた無謀な3DAYS連続公演

『攻撃再開 2008 L.V. 〜破滅に向かって〜』




『〜破壊の夜〜』


『〜無謀な夜〜』


『〜創造の夜〜』




狂気の3日間...
エルフさんも超見に行きたかったです。
しかし、様々な複雑に絡み合った人間関係の中、見に行けず...(泣)
大人になるってこういう事なんだと思います...(泣)


まぁ、僕は僕で


『攻撃再開 2008 F.S 〜多摩川に向かって〜』


等を、負けじと開催しようとして気合いを入れてたんですけど現実は、





『〜爆睡の夜〜』


『〜食べ過ぎの夜〜』


『〜無気力の夜〜』




と、まるでダメ男な3日間を過ごしますた...(大泣)


YOSHIKIがライブで失神してるのに、エルフさんは布団で失神...(泣)


『これぢゃいけない!』と、昨晩出撃してまいりますた。

ここ数日、程よく寒いのと前日降った雨でさぞや水温低下しているだろうと思っていたのですが、まさにその通り!

水温『12℃〜13℃』

風はなかったものの、水温の低下が心配です。
1級ポイント中心に攻めてみたのですが、全くの沈黙...。

『今日は何かおかしい...』

活性低めで、ガボらないまでも反応位有ってもイイ物なのに全くの無反応!
しかし、手ブラで帰る訳にもいかないので、気合いを入れて投げまくって、ドシャローから執念の1匹を引きずり出す!


大暴れナイスサイズ!
これは70有るか!と思ったのですが、惜しいっ!
『65cm』
a0081536_2049842.jpg

その後、全くアタリも反応も有ったもんぢゃね〜ので、コレにて終了!

PS:明け方地震が有ったけど、何か関係あるかしら...?



<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-62ML
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:"BAWO"スーパーハードポリアミドプラス 25lb.
ルアー:アーボガスト/ジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン/テリーマンスペシャル)
[PR]



by zuunama | 2008-03-30 20:53 | 釣行記

<フックシステム考察>

皆さんこんばんわ。

今夜は朝から降った雨と急な気温の低下の為、鯰釣りはお休みいたします。
そうそうエルフさんも毎晩毎晩ナマズ釣りには行きませんよ!
(まぁ、暖かかったら行くつもりでしたけど...)


と言う事で、今回は『フックシステム』のお話を致します。



本気でやり込んでいる鯰師の方ならば、ジッターを吊るしの状態で使っている方は少ないのでは無いでしょうか。
鯰はその補食のヘタさ(?)からアタックはあるものの、なかなかフッキングに至らないという事が多発します。

いかにその乗りづらい鯰をフッキングに持ち込むか...

その為、日々鯰師達はフックシステムをアレやコレやと考え改造する訳です。
コレは、鯰釣りをする上でまず辿り着く場所です。
かく言う私もいろいろ改造やら開発やらテストやらを繰り返してきました。

しかし、どんなに考え、改造した所で100%という事はあり得ないのです。
まぁ、仮に出たバイト全て毎回完璧にフッキング出来るシステムがあったら、この釣りの醍醐味も無くなってしまいますけどね...(笑)

皆さんが現在使っているフックシステムは、各々が『現時点での最良』と思って使用しているのではないでしょうか。
それでも完璧では無い筈...
シーズン通してどの様なシチュエーションでもそのシステムで乗せる事が出来ますか?


鯰釣りにおいて、『フックシステム』は永遠のテーマである訳です。


私が現在使用しているシステムも自分の中では『現時点で最良』と思って使用しております。(勿論完璧では有りません。)








が、









ココ最近の連バラシはいったいどういう事でしょう?(泣)








コレだけバラすのですから、このシステムは駄目なんじゃないでしょうか?
現時点で『最良』と思っていたシステムが実は全然駄目駄目だったのではないでしょうか?






しかし!






このシステムで、出たバイトをかなりの高確率でフッキング(バラシ無し)した時も多々あった訳です。
だからこそ、現在迄使用している訳ですから...。

しかも、僕が悩んでいるのは『フッキングしない』のでは無く『バレやすい』という部分です。(ココ大事!)
バイトに対して良くフッキングはするんです!
その後、バレやすい事に悩んでるんです!

ハイ!ここで、

『腕が悪いんぢゃね?』

等と言う奴は、すっこんでろ!と言いたい!






ある時は高確率のフッキング、又有る時は高確率のバラシ...






何でしょう?同じフックシステムを搭載しているのにこの両極端の現象は...


ここでエルフさんに一つの考えが浮かびますた。




乗る乗らない(バラすバラさない)はフックシステム云々ではなく(勿論吊るしの状態より良いでしょうが)、その時(時期)、そのポイントの鯰の活性に依る物ではないのでしょうか?




鯰の口の周りは非常に固いです。
特に口の中、フチから1cm〜1,5cmくらいの所はヤスリの様な歯が並んでいてとても固いです。
この場所にフックポイントが来たら、まず刺さらないか刺さっても浅刺さりですぐ外れてしまいます。

もともと鯰はバスの様に大口を開けて一気にルアーを吸い込むような補食はしません。
鯰は吸い込み系の補食ではなく、噛み付き系の補食と言われてます。
低活性時、または本活性ではない時にはついばむ様なバイトが頻繁に有ります。
ただでさえバスの様に大口を開けて補食する訳では無いので、この様な時はフックの先っぽをくわえる様なバイトでフックポイントが口の奥まで届かず、丁度固い部分に当たるのでフッキングが甘く、バレるのではないでしょうか。
いくらバーブレスとはいえ、ブッスリとベンド迄刺さっていれば、そうそうバレるもんぢゃ有りません。


実は、鯰が補食が下手でフッキングしづらいのでは無く、他の魚と比べて口が固いのでフッキングしづらい(バレやすい)のでは無いでしょうか。



と、エルフさんは推測するのです。



.....。




.....。




詭弁か...(ボソッ)




と、とにかく、エルフさんはその考えに至ったので、ゴールの無いフックシステムの開発はコレにて、一旦終了致します。
あっ、でもフックの種類はいろいろ試して行きますよ!(貫通性とか、大きさとか...)
それよりも、ルアー本体(カップ、ボディ等)の改造に目を向ける事にします。



エルフさんのフックシステムの小論文(?)は以上です!




反論の有る方、異論の有る方はかかって来なさい!(笑)







さあっ!(大笑)
[PR]



by zuunama | 2008-03-25 01:26 | タックル

<昨晩の結果>

さ〜て、日曜日でごわす。
この日も天気よかったね!
どっか出かけた?うんうん。



えっ?僕?







寝てたんだよ〜!(大泣)






悪い?ねぇ、悪い?






いや〜、さすがに僕もね最近昼の釣りしてないので、どっか行こうかとも思ったんですけどね、




<常宿の吉野屋にシーバス釣り>
今、結構釣れてる。でもジグなの...
ジグでいくらシーバス釣っても面白く無いので却下!

<土浦方面にオカッパリバス釣り>
遠いよね...しかもオカッパリで。
釣れて、1本位だろうな〜。ボウズもあり得る...
却下!

<じゃあ、ボートで高滝ダムにバス釣り>
エレキやらバッテリー×2ヶやら荷物を車に積み込む段階ですでにかったるい..,(泣)
あっ、ライン去年のままで巻き直してないや...
却下!

<多摩川にマルタ釣り>
遡上が始まってる御様子。どうする俺!
準備がめんどくさいので却下!







どう?このダメっぷり...(泣)
そんな激しい攻防が脳内で繰り広げられて結局お布団が勝利をおさめました!




まぁ、こんな僕のゴミ生活の事は良いとして、夜に出撃しましたわさ!

先日サヨナラしたマイ鉄板ポイントに今日は人が居なかったので、チョコッと投げてみました。
風がちょとあって水面がざわついてます。こんな時は何故か釣れないのよね...
って事で、アタリも何もあったもんじゃねぇ...

移動移動!

もうお前なんか鉄板ポイントぢゃないからなっ!3軍に格下げ。


そして、今期2軍より見事に1軍に昇格したポイントに向かいます。
数投目にバホッ!

よっしゃっ!1発フッキング!

またバレるのかしら?とドキドキしながらも無事捕獲!
『55cm』のレギュラーサイズ。
a0081536_11355370.jpg


続いて、かなり沖目にロングキャスト。ステイで、
グォボッ!


よっしゃよっしゃ!


デ、デカい!


これはかなりデカそう...70クラスもしくは60の超デブ。

激シャローなので、もう水面が大変な事に!(笑)


ドバドバドバドバッ!フッ...





.....。





.....。






バ、バレちゃったよ〜!(大泣)



もうね、ガッカリですよ!(大泣)
逃がした魚はデッカいとはよく言いますが、デカかった...
2メーター位はあったな、うん。


気を取り直してキャストするも、ピタリとバイトが止んでしまった...
きっとさっきのデカイのが

『超ヤベ〜よ!釣られるとこだったよ!』

とか、他のなまず達に言っているに違いない。


ちょっと、ポイントを休めがてらコーシータイム!
暇なので、今日もまた検問中のお巡りさんとっ捕まえておしゃべりタイム!(主婦かっ!)
こんな夜中に多摩川で何を釣っているのか興味津々でしたので、ナマズワールドを繰り広げてあげますた!(笑)


さてさて、30分くらいポイントを休めて攻撃再開!X JAPANバリに攻撃再開!


数投めでガボッ!

チョコッと休めりゃコレだよ!(笑)
なかなか頑張った『60cm』のグッドサイズ。
a0081536_11363571.jpg

そして、もう一発は着水と同時に出た『55cm』のレギュラーサイズ。でも頭デッカイ。(笑)
a0081536_11373540.jpg


その後、お腹がすいたので本日早めの終了!

あっ、今日の水温『13℃〜14℃』ね。



<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-62ML
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:"BAWO"スーパーハードポリアミドプラス 25lb.
ルアー:スミス/キャタピー(フルルミナス/~NIGHT WALKER~チューン)
[PR]



by zuunama | 2008-03-24 11:42 | 釣行記

<土曜の晩の結果>

昼間はポカポカ陽気でまさにお出かけ日和でしたね。

皆さんもお出かけした事でしょう。
えっ?僕ですか?








寝てますた!(泣)







お天気の休日に一歩も外に出ず、っていうか布団から外に出ないという引きこもりのエルフさんです。悪い?
いやいやいや、鯰シーズンのの休日はすっかり昼夜の逆転です。(泣)

さ〜て、今日は暖かかったので水温も上がってるだろうから、アムロ行きま〜す!っていうかエルフ行きま〜す!

いきなり、マイ鉄板ポイントに先行者の影...
ここ数日先行者とバッティングします。
もうここは鉄板ポイントぢゃないのね...。
さよなら...僕の鉄板ポイント...(泣)

気を取り直して、次のポイントにGO!
エルフさんにはまだまだ、引き出しはあるのさ!

早速キャスト開始!


ぽこぽこぽこぽこ



バフッ!バフッ!



おっ!いいね〜いいね〜!


でも乗らないよっ!(大泣)




1キャストめからバイトが有るなんざ〜、活性は高めかしら?
水温を計ると本日『14℃』
この水温なら高活性とまでは行かない迄もそこそこ高いのでは?

キャストを続けると、ゴボッ!っとバイト!

今度は、ガッチリフッキング!
上がって来たのは、『50cm』のレギュラーサイズ
a0081536_2373279.jpg


その後、バイトがひっきりなしに出るが、何故か乗らない&バラシ連発!(大泣)


ココ最近バラしてばっかりです。(泣)

この日も、5,6本フッキングしたのは良いけどファイト中にフックアウト!(泣)






な、何故?




ココが激浅のシャロー(水深20cm位)であるのもバレやすい要因の一つではあるが...
近日この件に付いて書く予定。

結局この日は、フッキング7,8本。バイトはその倍位。






なのに釣獲1本(大泣)







おつかれさま...(泣)




<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-69M
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:"BAWO"スーパーハードポリアミドプラス 25lb.
ルアー:スミス/キャタピー(タレブラック/~NIGHT WALKER~チューン)
[PR]



by zuunama | 2008-03-24 02:42 | 釣行記

<金曜の晩の結果>

前日の雨の影響がどう出るか...

取りあえず出撃してみますた!


まずはマイ鉄板ポイント。




雑炊?



いやいや、






増水?





やはり雨の影響は出ていました。
3,40cm位水位が増えてます。(泣)

取りあえず、キャスト開始!




ぽこポコぽこポコぽこポコぽこ...




......。








無反応!(泣)





ぐぬぬぬぬぬ...
水温を測ると、『10℃』(低っ!)







オフシーズンに逆戻りぢゃないか〜!(泣)






その後、各ポイントを廻って、ビミョ〜な反応は数発あるものの、どれもバイトには至らず、ジッターのまわりを水波がまとわりつく程度...。
水温の低下は、顕著に反応に現れます。

こうなったら、開き直って、新規ポイントの開拓に変更です。
鯰が釣れないので、居るポイントなのかどうなのか解りませんが、かなりいい感じの場所を数カ所発見!
暖かくなったら攻めてみたいと思います。





えっ?
この日の結果はどうしたかって?





勿論、ズーボーです!(泣)
[PR]



by zuunama | 2008-03-23 12:42 | 釣行記

<昨晩の結果>

昨晩は行きつけのプロショップの方がタマナマをやりたいというので、ガイドがてら行って来ますた。

出撃時間がちょい遅めになってしまったのですが、まずはマイ鉄板ポイントへ。

水温15℃


まさに爆釣水温なのですが、反応がイマイチ...

『先行者に叩かれた後か・・・?』

と、思いきや同行のH野さんにヒット!エッチなのにヒット!
折角、案内してボウズだったらどうしよう...等とヒヤヒヤしてましたが、これでちょっと安心。って言うか、上げる迄はまだ油断ならねぇ...。
心の中で、

『バラスな、バラスな、ウンコしたい、バラスな....』

と念じて、無事に捕獲!

すっかりサイズ測るの忘れてましたけど、『55cm』位のレギュラーサイズ。
a0081536_2024060.jpg


しかし、その後が続かない...(泣)


時折、ジッターに絡み付く様なモアモアが出るものの、『バシュッ!』と迄は行かず...
やはり、先行者に叩かれた後なのか、イマイチ反応が悪いざんす。


まぁ、まだまだ1級ポイントは有るしね!って事で、先日70を捕獲したポイントに向かう。





先行者有り!(泣)




もう一ヶ所へ移動!




先行者有り!(泣)





おいおい!終わっちゃったよ!今時期必ず捕獲出来るポイント終わっちゃったよ!(泣)

しょうがないので、2級ポイントを数カ所ランガンする事に。
2級と言っても、『今シーズンの出だしは』の話。
去年は1級だったりしたので、もしかしたら釣れ始めてるかも...

と言う甘い期待は見事に打ち砕かれて、1,2発反応はある物の、フッキングしなかったりと、今一つ...(泣)


ヤバイです!ズーボーのにほひプンプンです!(泣)
本日は折角、大物捕獲する為にロッドを『NAZ-69M』に変更して来たのに...

終盤、ダメ元で、さっき先行者の入ってたポイントに行ってみる事に。

既に人は居なかったが、複数人で散々投げ倒してたので無理かも...


数投するも、やはり無反応・・・(泣)

それでも執拗に投げていると、待望のバイト!
しかし、乗らない!(泣)

その後、数投してプチバックラッシュ!(泣)

そんな時に限って、グォボッ!っとバイト!っていうかヴァイト!
しかもあっけなく乗りやがった!(笑)


もう、しょうがないのでプチバックラッシュの上から巻き取り(泣)


無事捕獲したのは『55cm』のレギュラーサイズ。
a0081536_2032792.jpg

ふ〜っ!取りあえずボウズはま逃れた...(笑)

その後、バイトは有るもののなかなか乗らないヤツをやっとこさ捕獲!
着水後、ポーズでバイト!っていうかヴァイト!

チョコッと小さい『50cm』
a0081536_2041533.jpg


本日はこれにて終了です。
先行者が居なかったらもっと良い釣りで来たのに...(泣)



<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-69M
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:"BAWO"スーパーハードポリアミドプラス 25lb.
ルアー:アーボガスト/ジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン/テリーマンスペシャル)
[PR]



by zuunama | 2008-03-19 20:09 | 釣行記

<鯰釣りDVD発売!>

『表層激場 NAMAZU GAME 鯰人』


スミスより初の鯰釣りDVDが発売されますた!
フィッシングショーで既に予約をしていて大変楽しみにしてました!

日曜の夜、先日なかなか良い釣りが出来たので、今夜は出撃せずに家でゆっくりDVD鑑賞する事にしますた。
ワイングラス片手に、まぁ中身はジュースなんですけど、ソファーに腰掛けてっていうか座椅子で悪い?って感じでジッターを改造しながらゆっくり鑑賞会です。

ジッターいぢくりながら、鯰DVDを見るなんて、最高に至福の時です!


『オタクぢゃない...キモイ!』


とか言われてもぜんぜんオッケ〜です!(笑)


さてさて、過去にインディーズの様な鯰ビデオは有りましたが、本格的にメーカーが発売するのは始めてではないでしょうか?(多分...)

『表層激場』(ウマイッ!)

とはまさにエキサイティングな予感を隠しきれないタイトルです!(笑)


関東編と四国編がありまして、関東編は川幅の狭い水路の様な場所。

『こんな、ドブ川にも居るのか?』

って感じの所で、デイゲームとナイトゲームの展開です。

自分は昼間の鯰釣りをやった事がないので、結構面白かったです!
昼間だと、鯰の追尾とか丸見えでこれはこれでエキサイティングですね。
ナイトは引き波しか見えないので解らなかったのですが、意外とすぐ真後ろに付くんですね...(ヒゲが触れる位)

それにしても、ナイトのトップの撮影って結構無理が有りますね...
水面ライトで照らしてましたからね。(笑)

そんな中、バラしも結構有りましたが、よく釣り上げたもんです。
ルアーもノーチューンで吊るしの状態で使ってますからね。ダブルフックで。
そりゃあ、なかなか乗らないですよね。(笑)



変わって、四国編は川幅の広い下流域でのデイゲーム。
こっちは、川の規模から言うとマイフィールドの多摩川に似てます。

さすがは四国!魚影が濃いのか、真っ昼間からバイト連発です!
しかもなかなかのグッドサイズばかりで、なんとも羨ましい...

多摩川でも、昼間こんな感じで釣れる所有るのでしょうか...?
今度是非昼間挑戦してみたいと思います!(玉砕のにおいプンプンですが…   笑)
その時は『〜NIGHT WALKER〜』の裏ページ『〜DAY TIME WALKER〜』をオープンしますので乞う御期待!(多分...)




『表層激場 NAMAZU GAME 鯰人』
スミスより発売中!
鯰人必見ですっ!
a0081536_17254847.jpg




さてさて、今夜は出撃せずに家でルアーにまみれてゆっくりしているはずだったのですが、こんなDVDを見せられちゃ、がまん汁ならぬ、ナマン汁が溢れて来るので、落ち着かせるべくチョコッと出撃!

小1時間の釣行では有りますが、DVDをみながら改造したジッターの新フックのテストを予て行きますた。

本日水温15℃

数バイト有りで、ジッターも消し込む程のバイトにもかかわらず、ことごとくすっぽ抜け...(泣)

『ダメだな、このウンコフック...』

気を取り直して、いつものシステムに変更して数投目。

グォボッ!

いきなり水面が割れる!


デ、デカイ!


慎重にやり取りをして捕獲したのは、

ジャスト70cm!
a0081536_17263939.jpg




今季初の70up捕獲です!(喜!)



満足したので、本日これにて終了!



<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-62ML
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:"BAWO"スーパーハードポリアミドプラス 25lb.
ルアー:アーボガスト/ジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン/テリーマンスペシャル)
[PR]



by zuunama | 2008-03-17 17:28 | タックル

<週末の結果>

土曜日は仕事だったんですけど、早終わりなので知り合いの居るプロショップに行ってプチ鯰談議。


スタッフの方も遅れて出撃するというので、後程合流すべく早めに出撃。

本日水温14℃。
日に日に温かくなって来る。

マイ鉄板ポイントにてキャスト開始!

ポコポコポコポコポコ...

グォボッ!


うぉっ!いきなり出よったっ!


浅瀬なので激しい水柱と共にナマズ大暴れ!
ダバダバダバッ!

ココは慎重に行かねば...
このポイントは前回の7本バラシの残党の『変わり身の術』を使うナマズが居る所。
しかし、そんな間抜けなエルフさんぢゃないぜっ!

サクッと捕獲したのは、『56cm』のレギュラーサイズ。
a0081536_1440128.jpg

その後2発程のバイトをハズし、沖に投げたジッターの後ろに不自然な波が...


『追尾してやがるな...』


リトリーブを続けると、1m位追尾していきなり水面が割れる!


ズバッ!
ドバババババッ!


こ、これはなかなかのサイズかも!
鯰人62が弓なりです!(喜!)

ゼッテ〜逃さね〜!


三日三晩ファイトの末、いや30秒位なんですけど、デロンッと上がって来たのはメタボリックな『67cm』
a0081536_14413537.jpg


惜しいっ!



あと3cmで今期初の70サイズだったのに...
しかし、デブです!

『あんたちょっとは痩せなさいよね〜!』

って位のデブです。
マゴチみたいです!(笑)
a0081536_14421863.jpg

サイズこそ、70には届きませんでしたが、重さなら多分今期のベスト3に入るのではないでしょうか。


さてさて、そろそろプロショップのスタッフさんが来る時間なので、○○橋に向かいます。
この辺釣れないんだよね〜...
そして、スタッフさんが来た時の為に、上流は打たないで下流のウンコみたいなポイントを打って時間を潰します。

30分経過...

まだ来ない...

1時間経過...

もう打つポイントが無いので、パトロール中のお巡りさんを捕まえて、鯰談議に華を咲かせます。
多摩川中流域近辺は比較的お巡りさん多めです。
主に、窃チャリの取り締まりで橋なんかで立っているのですが、お巡りさんも結構退屈な御様子で簡単に話相手になってくれます。(笑)

なんでも、窃チャリ以外に、河原で悪さする(火遊びとか)若者やらも取り締まっているらしい...
夜釣りは気をつけなさいといわれますた。あい、気をつけまふ。

その後、車の中で1人世良公則大熱唱会などを繰広げていると、やっとスタッフの方からTELが。


『そろそろ上がりま〜す。』





え”っ?






いやいやいや、おかいいじゃないですか!まだ逢ってないのに『上がります』とかおかしいではないですか!
世良公則もビックリですよ!

どうやら、行き違いがあった様で...




○家さん!俺1時間半も待ってたんですよ〜!(大泣)
釣れない○○橋の周りで...





ま、まぁしょうがないよね...
すっかり、ロスタイム。
速攻で下流に戻って本気釣り。


数発のバイトを外した後、浅瀬の岩の横をジッターが通過した瞬間ジッターが消し込む。
音の無いバイトだ!

上がって来たのは頭のデッカイ『55cm』のレギュラーサイズ。
a0081536_14425633.jpg


その後、世良公則の真似して喉が痛くなったので本日これにて終了!




<タックル>
ロッド:スミス/鯰人 NAZ-62ML
リール:Abu/Ambassadeur MORRUM SX 3600C ULTRA MAG
ライン:"BAWO"スーパーハードポリアミドプラス 25lb.
ルアー:アーボガスト/ジッターバグ5/8oz(~NIGHT WALKER~チューン/テリーマンスペシャル)
[PR]



by zuunama | 2008-03-17 14:44 | 釣行記

<悪夢の夜...>








7本

















『すげ〜ッス!さすがッス!』

とか

『狩人ですか!『狩人』と書いてハンターですか!』

とか

『鯰キング!略してナマキンと呼ばせて下さい!』

とか

『つき合って下さい♡』


なんて、オーディエンスのざわめきが聞こえてくる様です。いやまったくもって聞こえて来ないんですけど、7本!『7本』ですよ!
この数字に注目して下さい!

このシーズン開幕戦でいきなり7本ですからね。
これが、球界だったら、大リーグから引っ張りだこですよ!





しかしですね、ココで今日のタイトルに注目して下さい。














.....。















.....。




















コレ昨晩バラした本数です!(大泣)















いやいやいや!おかしいではないですか!7本もバラすとはおかしいではないですか!
どんな素人ですか!(泣)どんだけヘタクソやねん!(大泣)

ショック!エルフショック!(泣)


SEX終った後にラヴァーズに、

『ヘタね...(ボソッ)』

って言われる位にショック!(大泣)





いやね、昨晩は意外と人が居なくてですね、比較的思ったポイントに入れた訳なんですよ。

ジッター引いてたら、1m位後方からものすごい引き波を立ててルアーに近づいてくるヤツが居るんですよ。
で、いきなり『ズバッ!』って音をたててルアーが引き込まれるとか、これぞ鯰釣りの醍醐味!みたいな状況とかあったりしたんですよ。
そして、これまた結構なナイスサイズで、ボクちん大興奮!

で、いざ抜き上げってなったら、あ〜ら不思議!ボロ布に早変わり!ってとんだイリュージョンを鯰のヤツがかましやがりましてですね、

『変わり身の術か...やるな。』

とか、感心しちゃいましたよ。深夜の河川敷で...クソッ!


その後は、『追い食い』『いきなりの水面炸裂』『音無バイト』等、あらゆるバージョンのバイトが有りまして、それはもう久々にエキサイティングな夜を過ごせたんですよ。
でもですね、そのアタックのほぼ9割がたフッキングに持ち込めたにもかかわらず、変わり身の術やらジャンプ一発や抜き上げポロリやらでことごとく逃げられてるんですよ!(泣)
しかも、70クラスが3本位混じってましたからね...(大泣)




『あいつ釣れねえからって作ってるぜ!』

とか

『とうとう、夢と現実の区別がつかなくなったんだよ!』

とか

『有りもしない事口にする様になったら終わりだな...』

とか

『つき合って下さい♡』


なんて声が上がってもしょうがない!
いくら抜き上げポロリでも、写真を撮らねば自分にとっては釣れなかったも同じ事...



そんな事で、昨晩の結果はと言うと、











ズーボーです!(大泣)
[PR]



by zuunama | 2008-03-14 19:35 | 釣行記

<昨晩の結果>

先日は暖かかった。
今年一番の暖かさではないだろうか。

多分、昨晩は出撃された方も多かったのではないでしょうか?
そして、それなりに釣れた方も多くいらっしゃるかと思います。


エルフさんも同じく『いざ鎌倉!』って感じで多摩川に一早く馳せ参じるべく、仕事を定時ピッタリで終え、出撃体制を取っておりました!










が、











そんな時に限って、そんな夜に限って、上司から



『明日の展示会の準備手伝って下さい!』



等と言う、無情の一言...(泣)

自分の上司は一人しかおらず、後は同僚か下僕のみ。
大抵の事はスルー出来るのだが、唯一の上司の命令と有っては断われない...。


仕方ない。ココはサクッと準備を済ませ、コアファイターで、って言うか車なんですけど、速攻でタマゾン河へ向かわねばなるまい。


『して、私は何をすれば...?』


『風船100ヶ膨らまして下さい。』






は?





いやいやいや!おかしいではないですか!
機材の搬入やら、商品の陳列ならまだしも、このオッサン捕まえて『風船100ヶ膨らませて』って...






風船おぢさんぢゃないか〜(泣)







詳しく内容を聞くと、何やらディスプレイに使う風船を100ヶ膨らますらしい。
膨らますと行っても、口で息を吹き込む訳ではない。(そんなの死んでしまう。)


ヘリウムガスのボンベで注入する、よく遊園地等で売っているアレだ。


うむ。本音を言うと一度やってみたかった。
出来ればピエロの衣装も揃えていてくれればモアベターだったのだが、そうも行くまい。


早速、やってみるとこれまた結構難しい...。

ガスを入れすぎても、入れなさすぎてもダメで、バルブの開閉の微妙な加減がちょっとした職人技。

『こんなの簡単っすよ〜!』

ってチャレンジした若手クズ社員が、いきなりガスを入れすぎて風船を爆発させてしまい、上司のギャラクティカマグナムを喰らってましたからね。


しかし、すっかり慣れた器用なエルフさんに取ってはもはやお手の物。
ポコチンを膨らませるが如く、ポコンポコンと風船を膨らませて行く。
これで、何時いかなる時に遊園地から御声が掛かっても大丈夫!

調子に乗ったアシスタントが、

『風船おぢさ〜ん!風船1ヶくださ〜い!』

などと、戯れ付いて来たので、風船の代わりに往復ビンタを喰らわせた後、ヘリウムガスを吸わせて、にしおかすみこみたいになった声で、


『調子に乗ってすいませんでした!』


と10回言わせてやりました!
このブタ野郎!



さてさて、すっかり鯰から話がそれてしまいましたが、解放されたのは、って言うか、終わらないので脱走して来たのですが、会社を出たのが9時半。

家に帰ってタックルを取って、着替えて、コアファイターでって言うか車ですけど、多摩川に着いたのが11時チョイ前。
クソッ!いつもと変わらねぇ...


早速、一級ポイントに着くと、案の定先行者が...
しかも広範囲に渡って、数人居やがる。

さすがに、暖かかったからか...


その後マイ一級、二級ポイントを廻るが、ことごとく人が...(泣)
やはり、春休み+プチ鯰ブームの影響か、昨シーズンでは考えられない位の人の多さ。
多分、学生なんかは、7〜8時位から来始めているのだろう。
早くポイントに入った者勝ち状態になってしまった!(泣)


サラリーマン鯰師の楽しみを...クソッ!(大泣)


しょうがないので、人の居ないウンコみたいなポイントでキャスト開始!


バシュッ!


あら?一発目でヒット!
しかし、痛恨のバラシ!(泣)

『なんだ!やっぱり今日はフィーバーか?』

等と、甘い期待に余裕をかまし、一服してから再度キャスト!


ポオポコポコポコポコ....


........。



あで?



どういう訳か、この一発のみ。
周りを必要に攻めてみるも、全くのノーバイト...(泣)


移動を繰り返し、もう1バイト出るも、フッキングせず...追い食いも無し(泣)


その後、一番始めに行った1級ポイントに行ってみたら、先行者が居なかったのでチョコッと打ってみるも、全くのノーバイト!(泣)

先行者4,5人に叩かれた後ぢゃぁ...(泣)


気疲れしたので本日泣きながら終了!
(3時だよ、オイッ! 泣)


ちなみに今回攻めたエリアの水温は11℃〜14℃
バイトが有ったエリアのそのときの温度は14℃でしたけど、一通り廻って、2時頃又そのエリアで測った水温は12℃でした。
1時くらいから風が強くなって来た影響も有るかもしれませんが、深夜になるにつれて、水温は若干下がる様なので、これは早い時間の方が有利かも...。


あっ、あとね、釣りしてる時に後から来た釣り人が、後ろでジ〜と見てたんだけど、コレ止めて欲しいよね。
せめて、『こんばんわ〜』位言ってもいいもんだけどさ、話しかけるでも側に来るでもなく、ただジ〜と見てるんだよね。
そんな、見てる前で釣り上げたり、バイト出す訳にいかないぢゃん?
釣れるか、バイト出るかを見れば、次から攻めに来るだろうし。
折角見っけたポイントなのにさ...。

だからこっちも、あり得ないくらいの早巻きとかしたり、奇声を発しながらキャストしたりとかして


『あっ、コイツ狂ってんだな...』


とか相手に思わせる為の小細工とかしなきゃならないぢゃない?
しかも、後ろが気になって気になって気持ち悪いんだよね。


『仲良く一緒に』


って気なんてさらさら無いけどさ、せめて挨拶くらいはしましょうね。
ただでさえ暗くて不気味な場所なんだから。

結局、昨晩のその人は10分くらいズ〜っと見てたな。
気が付いたら、居なくなってたけど。







そう言えば、まだ寒いのにTシャツ一枚に短パンでずぶ濡れだったけど、大丈夫かな......
[PR]



by zuunama | 2008-03-12 18:32 | 釣行記

ナマズを求めて深夜の徘徊...。
by zuunama
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
<現在の記録>
74cm
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
~mail here~
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
~Link~

=NAMAZU=

=Fishing Friends=

=Shop=
=Maker=
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
Clicki Please!
↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログへ
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧